バニキンズって何?

 
イングランドの名陶ロイヤルドルトンが約80年前から製作しているバニキンズシリーズ。

世界的にはピーターラビット以上の人気があるかもしれないコレクターズアイテムです。

バニキンズは、1934年にバーバラ・バーノン修道女によって生み出されました。

バーバラのお父さんは、ロイヤルドルトン社の役員でした。

新しい子ども用食器シリーズを開発しようとしていた彼は、バーバラが子どもの頃から描き続けていた個性的でユニークなうさぎのイラストこそ、新製品にぴったりだと思ったのです。

こうしてバニキンズは誕生しました。

その後約80年を経て世界中にファンを持つようになったバニキンズは、今ではコレクタークラブもある人気のコレクタブルズとなりました。

また、ウイリアム王子などの英国王室の子育てにも愛用されたそうです。
 
バーバラ・バーノン女史のスケッチから誕生したバニキンズ。

その後、現在に至るまで、凡そ4名のデザイナーによって愛くるしいウサギたちの絵が描かれています。



1)バーバラ・バーノン Barbara Vernon 1934-1952

修道院で子供たちを楽しませるために描いていたウサギの絵をロイヤルドルトン社に勤めていたお父さんが製品化したのがバニキンズの始まりです。

バーバラ・バーノンさんのデザイン



2)ウォルター・ヘイワード Walter Hayward 1952?-1988

当初バーバラのスケッチを元にデザインしていました(Barbara Vernon の署名もコピーしていた)。その後、オリジナルの作品を作り出すようになり、ねずみのキャラクターを登場させたのは彼です。

バーバラのスケッチを踏襲したデザイン
■バーバラのスケッチを踏襲したデザイン(Walter Hayward after Barbara Vernon)

ウォルターのオリジナルデザイン
■ウォルターのオリジナルデザイン



3)コーリン・ツイン Colin Twinn 1987-1995

バーバラたちのやんちゃなウサギたちと打って変って、優しい雰囲気のバニキンズを生み出したのはコーリンです。

コーリン・ツインさんデザイン



4)フランク・エンダーズビー Frank Endersby 1995-現在

現在バニキンズのデザインは、コッツウォルズ地方出身のフランクが手がけています。オリジナルのお茶目なイメージを上手く表現していています。

フランク・エンダーズビーさんデザイン



同じバニキンズでも作者によって違いがあって面白いですよね。あなたは誰のデザインが好きですか?

お好みのバニキン君はラパンで見つけて下さいね。(^^♪ バニキンズのトップページへ

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ





トップ